小規模特認校制度

小規模特認校制度とは

小規模校の特性を生かした教育活動を推進している小学校で学びたい、子どもを学ばせたいとい う希望者に対して、一定の条件のもとに通学区域外からの入学を認め、児童を受け入れる制度です。 地域の特色や少人数での教育の良さを生かした教育や体験活動等を通して、生きる力や豊かな人 間性を培います。
佐賀小学校の特色
・少人数によるきめ細かな指導
・電子黒板やタブレット端末等を効果的に活用した授業
・地域に学ぶ、地域とつながる体験学習
・正しい食習慣を身につける全校ランチルーム給食
就学の条件
小規模特認校への転入学を希望する場合は、次のすべての条件を満たすことが必要です。

1 就学を希望する児童(就学前の者を含む。)が現に町内に在住し、又は就学の時期までに町内 に転入する見込みがあること。
2 保護者の負担(バス通学費の一部助成あり)及び責任において、児童を通学させることが可能 なこと。
3 保護者が小規模特認校の教育活動等に賛同し、協力できること。
4 原則小学校卒業まで在籍すること。
就学の時期
毎年4月1日です。
募集人数
毎年度、学年ごとの児童数などを考慮して決定します。
申請期間
随時、申請書を受け付けます。 (土・日曜日、祝日は除く)8:30~17:00
申請方法
転入学を希望する保護者は、小規模特認校転入学申請書(様式第1号)を佐賀小学校に提出して ください。後日、お子様と一緒にお話をさせていただく機会を設定します。 平成29年度に第2学年から第6学年に進級する児童が転学を希望するときは、現在、在籍して いる学校の校長にその旨を必ず申し出てください。 申請書は、教育委員会に備え付けています。
■申請書の様式(ダウンロード
受入の決定
申請書を受け付け、所定の手続きののち、町教育委員会から保護者宛に結果を通知します。
※ ただし、転入学を許可した後、申請と事実が異なるなど、就学に支障があると認められる場合 は、転入学許可を取り消すことがあります。
問い合わせ先
・学習内容・学校公開に関することについて
⇒佐賀小学校(TEL 58-0024)
・手続きや説明会に関することについて
⇒教育委員会学校教育課(TEL 56-6083)